駅近物件は空きを見つけたらすぐに確認したい

駅まで往復してみよう

駅から徒歩何分という表示は、1分あたり80mで計算されているので、少し早足で歩いた程度になります。実際に徒歩10分と記載されている物件を往復で歩いてみて疲れなければ借りても大丈夫です。なぜなら、仕事で疲れて帰宅した時には足取りが重くなっているので、賃貸物件を見に行った時よりも疲れた足で歩くからです。全く疲れていない足で感じる距離感は、往復してみて問題なければ足腰が強いので生活に支障が出ないでしょう。

電車の音は朝に確認したい

駅の近くに住む場合には、朝晩の電車による騒音に注意が必要です。自分で通勤に使う電車ですが、特に朝が弱い人にとっては朝の電車音が気になる人も少なくありません。急行や快速が停車する駅か通過する駅かで、音の伝わり方が変わるので遮音性が特に高い物件以外では、朝の電車音は確認しておくと良いでしょう。毎日の生活を送る中で、睡眠が十分に取れることを前提として考えて行けば、充実した毎日を送ることが出来るので、是非とも確認したい事項です。

駅から物件までの道路はチェックしよう

昼間は気が付かない駅から自宅までの道路状況は、女性が賃貸物件を借りる際には防犯面からも夜間の街灯や人通りの確認をしておく必要があります。前後に誰も歩いておらず、更に街灯も少なければ変質者に遭遇した時の対処が遅れる危険性があるからです。実際に駅から物件までの街灯の数は確認しておくことが重要でしょう。いざという時に駆け込めるコンビニエンスストアが複数あれば、安心することが出来ます。防犯面の確認は知らない土地で住む時には必須事項です。

千歳の賃貸物件の多くは、寒い冬を乗り越えるためのしっかりとした設備が施されています。冬でも暖かく過ごせるので快適です。